システムエンジニアです、人は見かけによりません


by a8roqwey2e

宮田繁男

宮田 繁男(みやた しげお、1958年5月3日 - )は日本のドラマー、音楽プロデューサー。概要高校1年生のとき、アマチュア・バンド“ミスター・アフガニスタン”を結成。当初はベースを担当していたが向いていないと感じ、“ちょっとやらせて”とドラムをやってみたところ最初から16ビートが叩け、「あ、俺はドラムだったんだ」と思い、以降ドラムを担当することになる。当初はアメリカなどをコピーしていたが、宮田がドラムを担当してからはデビュー前のシュガー・ベイブをコピーし、ハネたグルーヴを得意とするようになった。青山学院大学入学を機に上京、音楽サークル“Better Days”に入る。宮田が大学1年のときBetter Daysのメンバーを中心に結成されたサザンオールスターズがデビューし、1981年に原由子のソロデビュー時、そのバックバンドとしてサークルの後輩の中から宮田を含む数人が選ばれた。宮田は当時まだ学生だったが原のソロ・アルバム『はらゆうこが語るひととき』[1]でレコーディングデビューを果たす。その後サザンの全国ツアーの中で原のソロコーナーがあり、宮田もツアーメンバーとして同行した。1981年12月11日?14日、桑田佳祐が“嘉門雄三とVictor Wheels”を名乗り、渋谷Eggmanで行ったライブに参加する[2]。以降しばらくはH2OやLady oh!等、アミューズ所属アーティストのバックを担当するようになる。大学卒業後一度は就職するものの程なく退職し、とんねるずのコンサートのバッキングを務め[3]、その後Better Daysのサークル仲間だった高浪慶太郎と小西康陽を中心に結成されたピチカート・ファイヴのサポートを担当する。1990年8月、オーディションでオリジナル・ラヴに参加し、1993年12月末まで在籍した。1994年秋、ほぼ同時期にオリジナル・ラヴを離籍した村山孝志、事務所のオーディションに合格した田仲玲子と共にファースト・インプレッションを結成。2枚のアルバムをリリースし、1996年に活動を終了した。その後はドラマーとして多数のセッションに参加のほか、アレンジやプロデュースも数多く手がけるようになる。2008年からは“soft soul of illadelphia”のメンバーとして活動。青山純の影響を受け、演奏時は左手のスティックをひっくり返して持つ。楽曲提

<歴史共同研究>「天安門は政治騒動」 日本と相違鮮明(毎日新聞)
<訃報>長亨さん95歳=元東洋エンジニアリング副会長(毎日新聞)
中・重度者向けの在宅介護サービスを開始へ―ジャパンケア(医療介護CBニュース)
コンビニ強盗を偽装、現金盗む=約18万円、店員ら逮捕−奈良県警(時事通信)
個所付け問題 小沢氏「あれはまずい」(産経新聞)
[PR]
by a8roqwey2e | 2010-03-02 02:08